頭痛とめまいの解消のために全身運動、そして枕の重要性

2月 4th, 2016

めまいや頭痛というのは、たまに起きるのならば、そんなに心配は必要ありません。それが癖のように、度々起きるようになると厄介なことになります。何かしら原因があるはずです。頭痛やめまいが出てくると言う事は体のどこかに不調な部分があると思った方が良いでしょう。それが頭痛やめまいとなって出てくると考えるべきです。人間は自分の弱い部分に症状が出やすいと言います。風邪などひくときにも必ず自分の弱い部分に症状が現れるのもそういう事なんでしょう。例えば胃腸の弱い人が風邪をひき始めると、まずはお腹の具合がおかしくなるといった具合です。普段から頭痛やめまいがある人は、疲れた時や体調がおかしくなった時に、頭痛やめまいも出てきます。普段から風邪をひかないように、また疲れを残さないようにしましょう。そのことが頭痛やめまいの予防にもなるはずです。予防はとても重要です。痛みやめまいが出てきてから対処するのは苦痛ですし、大変です。そうならないうために予防こそ大事に考えていきたいものです。今すぐにでも出来るものがあるはずです。お勧めしたいのは全身運動です。全身の血行を良くすることで、血圧を安定させ、血液がサラサラに流れるようになります。そのことだけでも、頭痛の解消に繋がるでしょう。もちろん血圧の安定でめまいも少なくなるはずですね。もうひとつお勧めしたいのが、枕を選ぶことです。我々は起きている時間もさることながら眠っている時間も結構長いものです。一生の内寝ている時間は人生の3分に1にあたります。眠り方でもしも不調が発生するならば、、、。是非改善したいものです。寝る時間帯も勿論関わってくるでしょう。そして寝方ですね。寝具は眠りやすく、疲れが取れやすいものを選ぶことも重要です。そして注目したいのが枕です。枕は意外に健康にとって重要なものです。枕の高さも気になる人は少なくありませんね。また材質も拘る人もいます。快眠のためには、心地よいものを選びましょう。枕にのせる首筋には無数の大切で太い血管や神経系統そして筋肉および骨格があります。生命にとってとても重要な個所が首なんです。首を軽く回すだけで気持ち良くなることを実感することがあるでしょう。首は大切な部分なのです。そんな首を支える枕です。少々高額でも、頭痛やめまいがある方はちゃんと選んで使うようにしたいものです。枕の形状および固さなどは、売り場で良く触ってみて決めるようにしましょう。自分の身体、首筋などに完全にフィットしている形状と固さのものを探すことがポイントです。首をリラックスできれば、きっと痛みやめまいも改善されることでしょう。

月経前症候群の症状緩和についてはこちら

脂肪を減らす生活

10月 24th, 2015

水泳もまた、有酸素運動の代表的なスポーツの一つです。全身の脂肪を落とすなら水泳がピッタリです。水の中を歩くだけでも全身運動になるので効果的に脂肪を燃焼させることができます。

水泳選手の均整のとれたボディが物語るように、脂肪が全くついていないですね。いかに水泳が全身運動になっているかがわかります。
水の中を歩くだけでも水の抵抗でエネルギーを消費しています。

水の中なので、負荷が加わり筋肉もつきます。水の中なのでわかりませんが、汗もたっぷりかいているので、ダイエットにもつながっています。

また、水の力はすごく、水の中では1.3トンもの圧力がかかり、その状態で動くことで全身がマッサージされて血流が良くなって老廃物の排出が行われます。女性の悩みのセルライトなどもこの効果で減少させることができます。

足腰が弱い方や高齢者でも、水の中なら浮力があるので通常の運動ができなくても足腰に負担をかけることなくダイエットができます。

内臓脂肪を減らしてダイエットに成功するためには、運動や食事など気をつけたほうがよいのですが、内臓脂肪は少し油断するとすぐついてしまうのが悩みのタネ。基礎代謝を上げることでリバウンドを防ぎ太りにくい体になることができます。

基礎代謝は筋肉量を増やして脂肪が燃えやすい環境を作ることが大切です。
筋トレはちょっとした時間でもできる運動です。ペットボトルをダンベル代わりにしたり、歯を磨きならスクワットをしたり、キッチンに立っているときには腹式呼吸をしたり、バスを待っている間に爪先立ちをしてみるなど、いつでもその気になればできます。

筋トレ後は成長ホルモンが分泌されやすくなります。体脂肪は成長ホルモンの働きで燃えやすくなります。
朝起きてすぐや入浴前などの活動前に10分ほどの筋トレが効果的だと言われています。

さらに筋トレ後に早足で歩いたり、軽いジョギングなどの有酸素運動を組み合わせると脂肪燃焼効果はアップします。
毎日のちょっとした工夫と心掛けが脂肪燃焼ダイエットにつながっています。

脂肪燃焼を促すキャビテーション

コルチゾールというホルモン

7月 27th, 2014

<ストレス>で太ってしまったタイプ。人間の脳がストレスを感じるとコルチゾールというホルモンが分泌されます。このホルモンは体の危険を感じると脂肪を積極的に蓄えようとする働きがあります。またストレスを感じると、脳が甘い物や脂っこいものを欲しがるので、ストレスで甘い物や油ものを食べすぎる→太るになるのです。

脳が疲れてくると甘い物が欲しくなりますが、しっかりと糖分を脳に届けることもストレスを溜めないためには大切です。糖分を脳に届くようにするためには、ビタミンB1が必要です。またビタミンB12が不足すると神経過敏、無気力といった症状が発生します。

イライラした時にビタミンB1やビタミンB12が入ったサプリをとることで脳に糖分を補給するようにしてみてはどうでしょう。ビタミンBは8種類ありこれらを合わせて摂取することで、それぞれが相乗的に働き、よい効果をもたらすとも言われています。

またカルシウム、マグネシウムなどのミネラル分は、イライラを吹き飛ばす重要な成分とも言われています。

規格外のおデブとミニスカート

6月 17th, 2014

私自身子供の頃からぽっちゃりだったので太っている人に対して辛らつな言葉を投げかけるのは気がひけますが、規格外な太り方をしている人に対しては健康のためにももう少し痩せたほうが良いのではないかと言ってあげたいです。
つい先日、スーパーで買い物をしている時に中年と高齢の親子らしき女性二人と店内ですれ違おうとしたのですが、二人が二人とも規格外な太り方をしていたためすれ違えませんでした。
結局、私が違う通路へ回り二人と接触することなく行き違うことができましたが、あれはちょっと反則でしょう。
親子なら食生活や生活習慣などから似た体型になるのは仕方ないとしても、ちょっと太りすぎです。
日本ではなかなか目にすることのできないレベルの肥満で、例えるならばテレビなどで見かけるアメリカの太っちょといった感じでした。
しかも通路を塞ぐように並んで立っているのはちょっとはた迷惑です。
私自身ぽっちゃりではありますが、ちょっとぽっちゃりくらいなら周囲に迷惑をかけたりすることはありませんが、道をふさぐほどの太り方は絶対に体に良くありません。
痩せる努力をした方が良いのではないでしょうか。
太っている人が汗っかきでもさほど気になりませんが、病気になった時のことを考えてもらいたいです。
介護が必要になった時、太っているとどれほど大変か。
太っているからと言って悪く言うつもりはありませんが、あまりにも太り過ぎている場合は健康面なども考えて痩せる努力を今すぐにでも始めるべきだと思います。
私自身今現在、夏に向けてダイエットに励んでいる最中なので太っている他の人にも頑張ってもらいたいです。
それからこれは特に女性に対してですが、太っている人が肌を露出するのは見苦しく目のやり場に困るため止めていただきたいです。
ミニスカートやノースリーブでパンパンの腕や足をさらけ出すのは見苦しいです。
それだけでも見苦しいのに下着が見えている人が時々います。
見たくないので見せないでほしいです。
下着が少しぐらい見えても大丈夫なのは綺麗な人に限ります。
おデブちゃんの下着を見たい人などいないと思ってください。
ミニスカートやノースリーブを着たければ痩せてからにしましょう。
同じ女として恥ずかしいです。
以前かなり太った若い女性が居酒屋の座敷でパンツ丸見えで飲んでいるところを目撃したことがあります。
ミニスカートをはいていたため生足どころかパンツまで見せちゃっていました。
周囲の人は気にはなっても注意しづらいため何も言ってませんでしたが、あれはかなり恥ずかしかったです。
太っている人は特に服装に気をつけましょう。

顆粒状、粉末状、錠剤、飲料タイプやゼリータイプ

1月 7th, 2014

アミノ酸サプリにも様々な種類があり、形状も顆粒状、粉末状、錠剤、飲料タイプやゼリータイプと色々あります。
その種類、形状が違えば飲み方も飲む量も飲む回数も違ってきます。また効き具合も違ってきます。
一般的に「顆粒状、粉末状」のアミノ酸サプリメントは、比較的効率よくアミノ酸を体に摂り込むことがでsきます。
「錠剤」の場合、アミノ酸を固めるために使われる成分も同時に摂り入れることになります。「飲料タイプやゼリータイプ」は比較的アミノ酸含有率が低いようです。
形状別に見た一般的な飲み方を紹介しましょう。
・小袋入りの粉末状~1回1袋を水で飲む
・パウダー状~説明書きの1回の摂取量を水に溶かして飲む
・ドリンク~1本をそのまま飲む
・ゼリー~1個をそのまま飲む
・タブレット~説明書きの1回の摂取量を水で飲む
などが一般的です。
まずは自分が飲みやすい形状を選ぶことです。
効果と言うのは人それぞれです。例え

同じ量、同じ回数アミノ酸サプリを飲んだとしても、人それぞれ、体調や運動の仕方、量、食事の内容の違います。そのような影響もあり、効果のほどと言うのは個人差があります。
最近で言えば乳酸菌配合のサプリメントを飲んでいる方も増えているようで。

「ダイエット」とと言う言葉に女性は敏感です。

12月 25th, 2013

酵素ジュースもダイエット効果があると言うことで人気を集めているのかもしれません。
酵素ジュースの持つ人気の理由はどこになるのでしょう。
①楽で簡単!!
何か手を加えるわけでもなくしっかりと洗った野菜や果物をミキサーにかけそれを飲むことでダイエット効果があるのです。
辛い運動や食事制限をしましょう!!と言われることよりずっと楽で簡単です。
②継続しやすい
楽で簡単ということにつながっていますが運動や食事制限は継続が難しくなることもあります。しかし酵素ジュースを飲むことにダイエット効果があるのですから継続は難しくありません。
③栄養も摂れる
ダイエットをしているときと言うのは栄養不足になりがちです。結果お肌がボロボロになったり便秘がちになったりすることも少なくありません。しかし酵素ジュースは野菜や果物が主原料です。摂り辛いビタミンやミネラルもしっかり摂取できます。
このような理由をみてもダイエット特有のデメリットは起きず美肌効果もあり健康的に痩せられるというのも魅力でしょう。

納豆やヨーグルト、ぬか漬け、キムチなどの発酵食品の持つ効果は大きな期待が寄せられています。

12月 15th, 2013

酵素ジュースも沢山の野菜や果物など使い発酵を行う事で作られる飲み物がのことです。
発酵食品は美味しく頂いています。
酵素ジュースの味も作り方次第と言えるでしょう。
酵素ドリンクの味は、その混ぜる野菜果物によって全然違ってきます。また同じ組み合わせをしてもそれぞれの食材の量によっても味は微妙に変わってくるでしょう。
美味しいと感じる酵素ジュースもあればこれは失敗と言う酵素ジュースもあることでしょう。
また味だけではなく食材を変えれば効果も変わってきます。
例えばココナッツにはカリウム、ミネラルが大変豊富です。デトックス効果があるそうです。またリンゴにはペクチンが含まれており整腸作用があります。また酵素との相性がいいそうです。
このようにそれぞれの持つ食材の効果を活かして酵素ジュースを作るとより効果的な酵素ジュースになることでしょう。

野菜や果物の下ごしらえをしっかりとしておきましょう。

11月 30th, 2013

酵素はそれぞれの種類により働きが異なりましたね。つまり使う材料によってその酵素ジュースの持つ効果はダイエット効果を高めたり、身体の代謝を良くしたりと違ってくるのです。酵素ジュースを作るときは
ミキサーあるいはジューサーを使うとよいでしょう。
酵素ジュースを作るポイントです。
《野菜や果物の皮を剥かない》でそのままミキサーとかジューサーにかけましょう。
果物にせよ野菜にせよ
皮の間とか茎等に一番栄養素が含まれています。余すことなくジュースにしてしまうのがよい酵素ジュースになるのです。
《野菜や果物の汚れはしっかりと落としましょう》
皮ごとジュースにするのです。何かついていては逆効果です。綺麗に洗浄することは欠かせないことです。
《ミキサーやジューサーに入れやすくするために野菜や果物は一口大「カットしましょう》
《ミキサーやジューサーにかける場合は洗った野菜や果物の水気をしっかり拭き取りましょう》
これらのことを守って酵素ジュースを作りましょう。

ダイエット効果を出す為に酵素を摂取すると言う方法が有ります。

11月 20th, 2013

単純に身体に酵素を取り入れるとい
うことはどんな影響があるのでしょうか。
酵素ジュース、酵素ジュースと話題になっているのは多くは『ダイエット効果』を期待してのことと思
います。
しかしこの酵素ジュースそれだけではない重要な役割があるのです。
野菜や果物に主に含まれる酵素。この酵素の種類が数千も有るそうです。また酵素自体の種類もその種
類によって違ってくるそうです。そして、それぞれの
酵素はその種類によって違う働きをすることにな
ります。
大きく分けると主に消化機能の働きを助ける『消化酵素』と、代謝の働きを助ける『代謝酵素』に分け
られれるそうです。
酵素が使われる時は
・食べた物を胃や腸で消化する時
・臓器を働かせる為の動力の時
・食べ物の栄養をエネルギーに変える時
・老廃物を体外に排出する時
など様々な場面で酵素は活躍します。
このような場面を見ていると酵素は人間が生きていくうえで欠かせないものとして捉えられます。しか
し、体内での酵素生成量には限界が有ります。そしてタバコ、アルコール、ストレス等の様々な刺激に
よって酵素は体内から失われます。
正常に体を機能させるには酵素を補ってあげなければならないということになります。

健やかに生きる上で《腸内環境》と言うのは重要です。

11月 15th, 2013

この腸内環境と言うのは低下すると病気の原因になります。例えば
大腸の病気、高血圧、糖尿病、動脈
硬化などの生活習慣病の病気を引き起こすことになりかねません。
健康でいるためには、腸内環境を良くする様に心掛ける事は重要なことなのです。
ではどうすればよいのでしょう。
この腸内環境を整えすのに効果的なのが『酵素ジュース』です。
酵素ジュースと聞くとダイエットと言うイメージがあるかもしれません。しかしそれだけではないので
す。
酵素ジュースには腸内環境を良くする効果と言う効果もあるのです。
酵素ジュースを飲むことで老廃物を排出しやすくなるという効果がありましたね。ここが腸内環境を整
えることと結びついているのです。

酵素ジュースを摂取する事で腸内の老廃物がスムーズに体外に排出されるのです。便秘解消もこの効果
とつながっているのです。
こうして腸内環境が整ってくると腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスもよくなります。結果、免疫力UPし
ます。免疫力が高まると病気をしにくい体になります。
酵素ジュースを作る暇のない方は生のお野菜や果物を摂取するようにしましょう。